冬も夏も紫外線量は変わりません。時間帯によって降り注ぐ量が変わるのです!

一日の大半がこの時間に集中するんです
主に女性の大敵となる紫外線は午前10時から14時の間。太陽が最も高い位置にある時間帯ですね。
紫外線量の大半がこの時間に降り注ぐことが分かっています。
今説明したのはUV-Bのお話です。紫外線といっても私たちが浴びている紫外線は二種類で
UV-A(A波)とUV-B(B波)があります。このうちB波は大きなエネルギーを持っているため
人間の細胞を傷つけたり炎症を起こす原因となっており、いわゆる日焼けや皮膚がん、シミそばかす
の原因となるものです。しかしB波は波長が短いので遮りやすく、
直射日光に当たらないように防ぐだけでも影響を軽減させることができます。
また肌の表面でほとんど吸収されるので、肌の奥まで到達して悪さをすることはないと考えていいでしょう。
痛みを感じることなく、じわじわとダメージを与えるUV-B
UV-Bに対してA波は波長が長いので衣類などで防いだだけでは意味を為しません。
窓ガラスさえも透過してしまうので、とても厄介なんです。
しかもエネルギーが弱いので紫外線を浴びている実感がないのです。
エネルギーが弱いといっても人体に与えるダメージはB波にも劣らないものです。
肌の奥で蓄積し、発生した活性酸素がコラーゲンやエラスチンを変性させ
しわやたるみを引き起こしてしまいます。
UV-Aはいつ降り注ぐのだろうか
A波もB波と同様10時から14時にピークを迎えますが、
かなり多くの量が降り注いでいるため、日没まで紫外線の強度に大きな変化はありません。
つまり、日差しが強い時間帯だけでなく日没までは紫外線対策は油断せず行うべきであるといえます。

家にいても油断できません!この夏気を付けるべき虫であるイエダニ

イエダニってなんだろう?
夏には蚊に刺されている方が多いように感じますが、もしかしたら蚊ではなく
ダニに刺されているほうが多いかもしれません。
ダニといえば種類が多いことが知られていますが、身近なダニとしてあげられるのが
「イエダニ」です。これは主にネズミに寄生し、ネズミの血を吸って生きています。
しかし、ネズミが巣を捨ててしまったり、死んでしまい血を吸うことができなくなると
人の血を餌とすることがあります。
蚊とイエダニを比較すると、蚊の場合は羽の音が聞こえるため比較的刺される前に気付きやすいですが
イエダニは就寝中に寝具に忍び込んで血を吸うので気づくことは不可能を極めるでしょう。
しかもかゆみが表れるのも、刺されてから1、2日経ってからと時間が経過してからなので気づくのに時間がかかってしまいます。
イエダニに刺されてしまうと強い痒みを感じる湿疹がでて、10日ほどその痒さが続きます。
イエダニは血を吸うときに皮膚の中でも柔らかい部分を好みます。
例を挙げれば、下腹部、脇腹、太もも、腕の内側などです。
赤いぶつぶつに心当たりがある人は注意が必要だといえます。
ダニに刺されたらどうすればいい?
先ほども説明したように、イエダニに刺されてしまうと強い痒みを伴います。
無意識のうちにかきむしってしまい掻き壊してしまう…なんてことも。
そうすると患部から雑菌が入り込んで治ったとしても跡が残ってしまうかもしれません。
そうならないためにも、炎症を抑える作用がある「ステロイド剤」を塗り込み
掻きむしらないように対策しましょう。
ダニを家から追い出そう!
これまで刺された時の対処法を書いてきましたが、そもそもダニを退治してしまえば
刺されることもありません。ダニを退治するためには、ネズミを駆除、その死骸や巣を家から取り除くことが
必要です。そして室内の掃除をする際に寝具やソファーを洗ったり掃除機をかけて清潔に保つようにしましょう。
また、ダニは湿ったところに集まる傾向があるので、部屋の換気はこまめに行うようにすることが大切です。
ひどいようならダニ退治専用の燻煙殺虫剤を用いてみるのも一つの手段ですね。

ピーリングで大人ニキビとサヨナラしよう

ケミカルピーキングとはこんなものだ!
ケミカルピーリングというのは、フルーツ酸やサリチル酸などの
酸性の物質を皮膚に塗り込む治療法です。
この酸が余計な角質を取り除いてくれ新しく肌を作り直す手助けをしてくれます。
この治療法は言い換えれば皮膚を溶かしていることになるのですが、
酸で皮膚がただれてしまうといった影響はありませんが、
万が一肌が炎症を起こしているなどして弱っているときは
刺激が強すぎる場合もあるので気を付けて実践することが大切です。
ピーリングで角栓を溶かす!?
ピーキングによって大人ニキビの原因となる角栓や詰まってしまった
毛穴の汚れを溶かすことでニキビの原因を取り除くことができるだけでなく
肌の代謝が良くなります。
ケミカルピーリングは専門の知識と技術を持った方に施術してもらうこと
健康で肌に異常がない方にお勧めできる治療方法です。
ピーキングを行う際は必ず医療機関で行うようにしてください。
肌に適した酸性度に調節するのは素人ができる芸当ではありません。
きちんとした資格と知識をもった方に診察してもらい、
必要と判断された場合に施術を受けるようにしましょう。

それ、バセドウ病?特徴のある体臭がしたら要注意!

甲状腺機能亢進症{こうじょうせんきのうこうしんしょう}
「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」というのは
のどのすぐ下にある甲状腺が過剰に働くことで「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌されてしまう状態のことです。
甲状腺ホルモンは、新陳代謝を活発にする働きがあるのでこれが活発になると
汗をかきやすくなります。それだけでなくこの病気の人は皮脂が通常よりも多く作られます。
そして、汗と皮脂が混ざって酸化。すると皮膚にある常在菌が必要以上に増殖してしまい
独特の体臭を放つことがあります。
いわゆるバセドウ病が原因の1つです
甲状腺機能亢進症を引き起こす病の1つにバセドウ病というものがあります。
バセドウ病は何らかの理由で甲状腺を永遠に刺激し続ける物質が体内に出来てしまうことで起こります。
甲状腺ホルモンが通常よりも多く分泌されていくことで新陳代謝が早くなりすぎる病気です。
新陳代謝が早くなるということは、細胞分裂回数の決まっているヒトの細胞が通常よりも
老化が早まるということを意味しています。
甲状腺を永遠に刺激し続ける物質ができてしまう原因は解明されていませんが、
この病気を発病する人の特徴として、血縁者に同じ病気の人がいるということが分かっています。
このことから、遺伝が関係しているということも考えられています。
バセドウ病が原因でおこる症状は?
バセドウ病が発病すると、今紹介した発汗や皮脂が増えてしまう以外にも
首が腫れてしまったり、動悸、息切れ、目がギラギラしている、手が震える、
食欲増進しているのに痩せていく、疲労感、落ち着きがなくなる、力が入らなくなる
他にも多くの症状があるようですが、個人差があるようです。
この病気を放っておくと心臓に合併症が起こってしまったりと
重症化することもあります。自覚症状が出たらすぐに病院で詳しい検査を
受けるようにしましょう。

エステティシャンが教える!実は「太りやすい」夏の食べ物3つ

汗をかいて、新陳代謝があがったように感じる夏。
しかし、外気温と体温の差が小さくなるため代謝は想像に反して
最も低くなる季節。とても太りやすい季節なのです。
そこで夏太りを引き起こしてしまいがちな3つの食べ物をご紹介します。
参考にしていただけたら嬉しいです。
■そうめん
するっと食べることができる冷たい麺は、
夏だと特に食べたくなりますよね?
しかし、そうめんは血糖値があがりやすく、太りやすい食べ物なのです。
しかもそうめんはてんぷらのような揚げ物と一緒に食べたくなりますので
さらに高カロリーになってしまいます。
同じく冷たい麺でも蕎麦や冷やし中華のほうが太りにくい麺なのでこちらをおススメします。
■清涼飲料水
熱中症対策にならないために、水分補給は必須ですが
清涼飲料水には砂糖が多く用いられているので注意が必要です。
また、ゼロカロリーの炭酸飲料にも多くの糖質が含まれており、
油断して飲みすぎてしまうことも多く、逆に太りやすいとも言えます。
暑い夏には飲みたくなりますが、毎日の習慣にならないよう
体型を気にしている方は気を付けたいものです。
■アイスクリーム
アイスクリームはご存知だと思いますが、
砂糖と乳脂肪が多く含まれているためかなりカロリーが高く
太りやすいのです。
もし食べたいのであれば、太りにくい時間帯である午後3時がいいでしょう。
ダイエット中にどうしても食べたいのであれば、かき氷系の氷菓を食べましょう。
お風呂上りのアイスって最高ですよね? でもそれが太る元かもしれません。
これらに気を付けて夏太りしないよう食生活に気を配っていきたいですね。

イボ治療に効果的な杏仁オイル(きょうにんオイル)

杏仁オイル(きょうにんオイル)という若返りグッズ
杏仁オイルというのは名前の通り、アンズの油分を用いています。
アンズの種の中心、つまり杏仁を取り出して油分が抽出されているというわけです。
杏仁オイルの他にもアプリコットオイル、アプリコットカーネルオイル
という呼び名もあります。
杏仁は昔から薬として重宝されていて、咳や痰、吐き気によく効くことで知られています。
漢方薬には杏仁が使われているものがありますね。
一方で杏仁といえば杏仁豆腐を思い出した方が多いと思います。
このとき杏仁は「あんにん」と読みます。
日本では、薬として用いるときは「きょうにん」と読み、お菓子、デザートとして
用いるときには「あんにん」と読むのが主流です。
杏仁オイルが肌にもたらす効果
薬として用いられる杏仁オイルがよく効くのは、皮膚の老化が原因で起こるイボです。
皮膚が老化することで、乾燥してしまいます。
杏仁オイルが乾燥しきった肌を潤してくれるので何度も使用していくことで
肌が潤いを取り戻し肌が若返ります。そうするとイボも自然と取れていきます。
あくまで民法療法ですので、試してみなければ効果はわかりませんが、
気になった方は試してみてはいかがでしょうか?

アフターシェーブローションを正しく使うために

アフターシェーブは怠ってはいけません
髭剃りをしたあとでカミソリ負けをして赤くはれてしまったり
カサカサしてしまった…なんてこと一度はあるのではないでしょうか。
洗顔とシェービングをきちんとしても、肌の保湿とアフターシェープも
しっかり行うべきです。水分と油分をバランスよく補給してスベスベ肌を保ちましょう。
男性の多くはベタベタするのを嫌がって化粧水や保湿クリームに苦手意識を持っている方が多いですが
それはべたつかない肌を遠ざけていることになります。
適当な量を用いれば逆にべたつきのないサラサラ肌を手に入れることができます。
ローションの選び方。含まれている成分に気を付けましょう
男性用のアフターシェーブローションは女性用の化粧水の香りよりも強く、刺激があるものが
比較的多いです。一般的にはアルコールと水の溶剤に保湿とひりひりした痛みを
防ぐためのグリセリンだったり、プロピレングリコールを入れたり、メントールを含むものもあります。
しかし、アルコールが含まれているローションはひりひりしてしまうこともあるので
気を付けたほうが良いでしょう。
しかもアルコールは水と結合しやすいので、肌を乾燥させてしまう傾向にあります。
ローションの後にはクリームを塗ることをお忘れなく
簡単にアフターシェーブローションの使い方を説明しましょう。
①髭を剃る
②ローションを手に取る。(一部分に使うときは10円玉大、全体に使うときは500円玉大の量を手に取り
頬を軽く叩くようにする)
③クリームを塗って肌荒れを防ぐ(特に冬だと乾燥しやすく肌が荒れやすいので肌に潤いを与えましょう)

「うつぶせ」になってユラユラとお尻を動かせば痛みが治る!?

腰痛、ひざの痛み、肩の痛みのない体を作るための健康法を紹介した
『痛みはうつぶせで治しなさい~腰痛、ひざ痛、肩こりのない長持ちするからだをつくるには~』
が、2016年8月3日(水)に発売され話題になっています。
この方法というのもお尻を2分間動かし続けるだけというのです。
長野県で10万人を治療した実績を持つ理学療法士が考えた
「うつぶせユラユラ」で体と脳のリズムを整えて痛みを改善するというもの。
これは腹組織とと腹圧に注目した寿命を延ばす方法でもあるのです。
この本には長年腰痛持ちだった方、痛みで夜も眠れなかった方、
神経痛による体のしびれ、脳卒中での後遺症などがこの「うつぶせユラユラ」
で改善したという体験談が掲載されています。
これを実践することで、体の内側からポカポカしてきて
何も考えることなく尻をユラユラ揺らすことがコツであるようです。
他にも血圧が安定した、寝つきが良くなった、お通じが良くなったなど
効果は抜群の様です。
簡単なうつぶせユラユラを実践して体の痛みとおさらばしましょう!